鏡山部屋の閉鎖承認 力士らは時津風一門の伊勢ノ海部屋に転属

[ 2021年7月22日 05:30 ]

 日本相撲協会は21日に開いた理事会で、鏡山部屋の閉鎖を承認した。師匠の鏡山親方(元関脇・多賀竜)や力士らは同じ時津風一門の伊勢ノ海部屋に転属する。鏡山部屋は、大鵬とともに「柏鵬時代」を築いた元横綱・柏戸が1970年に創設。96年に元柏戸が死去し、鏡山親方が継承していた。

 また本場所の取組や部屋での稽古などが安全に行われるための環境整備を目的に「安全管理委員会」の設置を決めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月22日のニュース