鈴木涼太、追い風参考ながら日本歴代6位相当10秒01で連覇 関東インカレ男子100メートル

[ 2021年5月21日 15:57 ]

陸上 関東学生対校選手権第2日 ( 2021年5月21日    神奈川・相模原ギオンスタジアム )

男子100メートルで、追い風参考ながら10秒01で優勝した城西大の鈴木(177)                               
Photo By スポニチ

 男子100メートル決勝が行われ、鈴木涼太(城西大)が追い風5・5メートルの参考記録ながら、日本歴代6位相当の10秒01で制し、連覇を果たした。

 強風に降雨の中でのレースだった。鈴木は「目が開けられないくらい、雨が降っていた。初めてのコンディション。体感はそんなに(タイムは)出ていないと思った」というが、快走しトップでフィニッシュ。「勝てたことはうれしい」と安どの表情を見せた。

 5月上旬には世界リレー大会に出場。「国際大会を経験したことで、余裕と自信を持てるようになった」と貴重な時間になった。帰国後は100メートルに絞ってトレーニングしてきた。今後は日本選手権(6月、大阪)に向けて調整していく。「完成度は低い。残り1カ月でもっと高められるようにしたい」と見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月21日のニュース