08年北京五輪の陸上十種競技で銀 クラウチャンカが10日間のハンガーストライキ

[ 2021年5月2日 05:30 ]

 08年北京五輪の陸上十種競技銀メダリスト、ベラルーシのアンドレイ・クラウチャンカ(35)が4月30日、国内の圧政に苦しむ人々を支援するため10日間のハンガーストライキを行っていると明かした。

 政治犯の家族を救うべく11年欧州室内選手権の金メダルも競売にかけたという。ベラルーシでは昨年、独裁的なルカシェンコ大統領の再選に不正があったと抗議する市民のデモが弾圧され、参加したクラウチャンカも暴行を受けて拘束された。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月2日のニュース