東京パラ、テコンドー・太田 初代女王へ「挑戦を続けている」

[ 2021年5月1日 05:30 ]

オンラインで取材に応じる東京パラリンピック、テコンドー女子58キロ超級の太田(全日本テコンドー協会提供)
Photo By 共同

 東京パラリンピックで初採用されるテコンドーの日本代表内定3選手が30日にオンラインで会見し、女子58キロ超級の太田渉子(31=ソフトバンク)が意気込みを語った。

 体格では外国人選手に劣るものの、距離スキーなどで冬季パラ3大会に出場し「長距離を走るのが得意だったので後半に強い」と強調。「この大会で初代女王が決まる。そこに向けて挑戦を続けている」と頂点を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月1日のニュース