福田穣 4月ハンブルク・マラソン出場へ 目標は自己記録更新「2時間7分台」

[ 2021年2月17日 17:37 ]

オンラインで取材に応じた福田(右)とジョフリー・カムウォロル
Photo By スポニチ

 陸上の世界最高峰チーム「NNランニングチーム」に日本人として初めて加入した男子マラソンの福田穣(30)が17日、合宿中のケニアからオンラインで取材に応じ、4月のハンブルク・マラソンへ出場する意向を明かした。持ちタイム2時間9分52秒の福田は「2時間7分台を一つの目標にする」と自己記録の大幅更新を見据えている。

 福田は昨年11月、マラソン世界記録保持者のキプチョゲ(ケニア)らが所属するNNランニングチームに加入。1月下旬にケニアに出発し、現在は標高2400メートルのカプタガットで約3カ月間の予定で合宿を行っている。福田は「トップ選手たちが走っているのを目の当たりにして勉強させてもらっている。食事もおいしくて気候にも順応してきている。置いていかれることもあるが、ものすごく充実した練習ができている」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月17日のニュース