ZOZOチャンピオンシップ JGTOから星野陸也、石川遼ら11選手出場 米で22日開幕

[ 2020年10月7日 17:02 ]

昨年行われた「ZOZOチャンピオンシップ」で優勝トロフィーを手に笑顔を見せるタイガー・ウッズと前澤友作大会名誉会長
Photo By スポニチ

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は7日、22日に開幕するZOZOチャンピオンシップ(カリフォルニア州、シャーウッドCC)に出場する同機構メンバー(11選手)を発表した。

 9月のフジサンケイ・クラシック優勝の星野陸也に加え、全米オープン終了時点の世界ランクから、今平周吾、ジャス・ジェーンワタナノンド(タイ)、ショーン・ノリス(南アフリカ)、石川遼、チャン・キム(米国)、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)、ガン・チャルングン(タイ)の上位7選手が決定。また、主催者推薦枠として堀川未来夢、金谷拓実、関藤直熙が選出された。

 第1回大会となった昨年は日本初の米ツアー開催として千葉・習志野CCが舞台となったが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大で米国開催に変更となった。昨年優勝のタイガー・ウッズ、米ツアーを主戦場とする松山英樹も参加を表明している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月7日のニュース