IOC 7日にオンライン理事会で東京五輪対応策を協議

[ 2020年10月7日 05:30 ]

 国際オリンピック委員会(IOC)は7日、オンライン形式の理事会を非公開で開き新型コロナウイルスの影響で来夏に1年延期となった東京五輪の対応策を協議する。

 IOCのバッハ会長は五輪開催への自信と意欲を表明しており、感染症対策や大会の簡素化が今後の焦点となる。理事会では、調整委員会のコーツ委員長と大会組織委員会がそれぞれ報告する予定。終了後にはバッハ会長が電話記者会見を開く。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年10月7日のニュース