23年佐賀国体 1年延期を受け入れ 鹿児島開催へ

[ 2020年8月20日 05:30 ]

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、鹿児島県での年内開催を断念した国民体育大会(国体)に関して、23年に内定している佐賀県の山口祥義知事は19日に記者会見し、佐賀大会を1年延期し、鹿児島で23年に開くことを受け入れると表明した。

国体の名称は23年に「国民スポーツ大会」(国スポ)に変更予定だったが、延期後の24年に佐賀で開く大会から名称を国スポに変える。今年10月に予定していた鹿児島国体は、史上初の延期が決定。21年の国体は三重県、22年は栃木県で予定している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月20日のニュース