渋野 初日125位「リンクスの難しさを痛感」 2日目はボギー発進

[ 2020年8月15日 05:30 ]

米、欧州女子ゴルフツアー共催 スコットランド・オープン2日目 ( 2020年8月14日    英ノースパーウィック ルネサンス・クラブ=6453ヤード、パー71 )

スコットランドOPに出場中の渋野日向子(AP)
Photo By AP

 125位から出た渋野は1番パー4をボギー発進。ティーショットを左に曲げると、4メートルのパーパットがショートと初日からの悪い流れが続いた。

 第1Rは18年6月以来、プロ転向後2度目となるバーディーなし。「リンクスの難しさを痛感しました。今日(ミスは)全部やった」と、初体験となる本場・英国のリンクスで洗礼を受けた。「絶対にバーディーを取って、もっと中身が面白いゴルフができれば」と巻き返しを誓った第2R。連覇を目指す次週のAIG全英女子オープンもリンクスで開催されるだけに、きっかけをつかむ戦いが続いた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月15日のニュース