白鵬&鶴竜「不安」 両横綱が出稽古解禁を熱望

[ 2020年7月7日 05:30 ]

19日初日 大相撲7月場所

横綱・白鵬(左)と鶴竜
Photo By スポニチ

 春場所で優勝した白鵬、昨年7月の名古屋場所を制した鶴竜の両横綱が電話での代表取材に応じ、ともに出稽古解禁を望んだ。

 白鵬は番付発表後の出稽古で調子を上げていくタイプだけに「(出稽古がないのは)今までないからね。そのまま場所を迎えるのは想像できない」と困惑。「(初日の)1週間前に出稽古があってもいいのでは」と私見を述べた。

 鶴竜は時津風部屋への出稽古が恒例とあって「当たり前にやってきたものがないというのは、ちょっと不安がある」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月7日のニュース