NFLの元QBが交通事故で死亡 ターバリス・ジャクソン氏 36歳

[ 2020年4月14日 14:02 ]

シーホークス時代のジャクソン氏(AP)
Photo By AP

 NFLバイキングスとシーホークスの先発QBとして計17勝(17敗)を挙げたターバリス・ジャクソン氏が、アラバマ州モントゴメリーで車を運転中、道路脇にあった木に激突して死亡した。36歳だった。

 AP通信によれば事故発生は12日の午後8時50分。車は横転し、ジャクソン氏は病院に搬送されたものの死亡が確認された。

 同氏はアラバマ州立大から2006年のNFLドラフト2巡目(全体64番目)にバイキングスに指名され、翌07年には12試合に先発して8勝4敗。2011年にシーホークスに移籍し、このシーズンでは14試合に先発して7勝7敗だった。2014年にシーホークスがスーパーボウルを制したときにはQBラッセル・ウィルソン(31)の控え。引退後はテネシー州立大のQBコーチを務めていた。家族はラキッタ夫人との間に3人の子どもがいる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月14日のニュース