マラソン代表・服部が伝授!室内でもできる走りの動きづくり「支える足の股関節意識して」

[ 2020年4月9日 07:00 ]

<室内でもできる!走りの動きを伝授>(1)壁に手を押し当てて(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 東京五輪マラソン男子代表の服部勇馬(26=トヨタ自動車)が愛知県田原市内でスポニチ本紙の単独インタビューに応じ、若手選手や市民ランナーに向けて、室内でもできる走りの動きづくりを披露した。

 服部は「進む方向の意識付け。推進力を付けるための動きづくり」と説明。「ポイントは臀部(でんぶ)ではなく、支えている足の股関節が伸びること。臀部が伸びてしまうと、違う動きになってしまいます」とアドバイスした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月9日のニュース