米ラグビー協会、コロナ拡大で財政難 破産申請の意向発表

[ 2020年4月1日 05:30 ]

 米国ラグビー協会は30日、新型コロナウイルス感染拡大による財政難のため、日本の民事再生法に相当する連邦破産法11条適用を申請すると発表した。男女代表が7人制で争われる東京五輪出場を決めているが、同協会は20日から無期限で活動できない状況で収入が減少。国際統括団体のワールドラグビーの支援で再建を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月1日のニュース