橋本聖子五輪相 費用負担17年の大枠合意が「基本」

[ 2020年4月1日 05:30 ]

橋本聖子五輪相
Photo By スポニチ

 橋本聖子五輪相は31日の閣議後の記者会見で、延期に伴う追加経費の負担について、17年5月の大会組織委員会、東京都、政府、関係自治体による費用負担の大枠合意が「基本」との姿勢を示した。当時の合意内容では、大会経費のうち国が負担するのはパラリンピック経費の4分の1と新しい国立競技場の整備のみ。橋本氏は日程決定によって「組織委と都が、より具体的に追加予算の検討に入ることができる。国としてどのように対応していくかということを、しっかりとやっていきたい」と述べた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月1日のニュース