米紙IOC批判「無神経の極み」 東京五輪の新日程発表“拙速”

[ 2020年4月1日 05:30 ]

 米紙USAトゥデー(電子版)は30日、東京五輪の新たな日程が発表されたことについて「無神経の極みだ」とIOCを批判した。冬季を含めて18大会連続で五輪を取材してきたコラムニストのクリスティーン・ブレナン氏が「世界中が疫病と死と絶望に包まれている時に、日程を発表する必要があるのか」と指摘。「暗いトンネルを抜けて光が見える時まで待てなかったのか」と訴えた。さらに新型コロナウイルス感染が来年7月に終息している保証はないとして、発表が拙速だったと主張した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月1日のニュース