本田真凜、勝負のフリーへジャンプ好調 切れのあるステップも

[ 2019年12月20日 14:41 ]

<フィギュア全日本選手権第2日>練習する本田真凜(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート全日本選手権(国立代々木競技場)の女子フリーを21日に控え、ショートプログラム(SP)6位の本田真凜(JAL)らが20日、公式練習で調整した。フリー「ララランド」の曲かけ練習では冒頭の3回転ルッツやダブルアクセル(2回転半)―3回転トーループ、3回転フリップなどのジャンプを着氷。切れのあるステップも見せ、好調を印象づけた。

 前日のSP後には、感極まって涙。「やっと自分らしさが戻ってきた」と笑った。昨年は15位に終わった16年世界ジュニア女王は、勝負のフリーで成長した姿を見せる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月20日のニュース