陸連強化委員長、IOCに「本当のアスリートファーストではない」

[ 2019年11月5日 17:52 ]

会見に出席した麻場一徳強化委員長
Photo By スポニチ

 国際オリンピック委員会(IOC)が20年東京五輪のマラソン・競歩の開催地を札幌に変更したことを受け、日本陸連の強化委員会が5日、都内で会見を開いた。

 IOCはアスリートの健康を守ることを開催地変更理由に挙げている。麻場一徳強化委員長は、「どの視点でのアスリートファーストなのか。強化からすれば、選手が毎日血のにじむ努力をして代表を勝ち取って、周りのメンバーも4年も5年も前からやってきた努力を無駄にしないというのがアスリートファーストととらえている。正直、我々の考えからすればIOCの言うアスリートファーストは本当のアスリートファーストではない」と語気を強めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月5日のニュース