張本“因縁”イングランドへの雪辱へ闘志 卓球W杯団体戦

[ 2019年11月5日 15:28 ]

記者会見で健闘を誓い合った(左から)馬龍、劉詩ブン、伊藤、張本
Photo By スポニチ

 あす6日に開幕する卓球のJA全農ワールドカップ団体戦(東京体育館)の組み合わせ抽選会と記者会見が5日行われ、男子世界ランク5位の張本智和(16=木下グループ)は「男子チームもしっかり準備してきて調子は良い。優勝目指して頑張りたい」と意気込みを語った。

 男子は昨年の世界選手権団体戦(ハルムスタード)で苦杯をなめたイングランドと1次リーグで対戦する。張本自ら因縁の相手といい「何度か負けている選手もいるのでリベンジしたい」と闘志をみなぎらせた。女子は米国、オーストリアと同組となった。世界ランク7位の伊藤美誠(19=スターツ)は「成績も上がっている選手もいるので対戦するのはすごく楽しみ」と試合を心待ちにしている。

 組み合わせは以下の通り。
 男子A組 中国、台湾、ナイジェリア
 同B組 日本、オーストリア、イングランド
 同C組 ドイツ、ブラジル、オーストラリア
 同D組 韓国、スウェーデン、米国
 女子A組 中国、ウクライナ、エジプト
 同B組 日本、米国、オーストリア
 同C組 台湾、ルーマニア、バヌアツ
 同D組 香港、韓国、ブラジル

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月5日のニュース