松山 3つ伸ばしV圏内をキープ「内容は悪くない」

[ 2019年10月26日 15:28 ]

男子ゴルフ ZOZOチャンピオンシップ第3日 ( 2019年10月26日    千葉県印西市 アコーディア習志野CC=7041ヤード、パー70 )

<ZOZOチャンピオンシップ3日目>大雨の影響でティーイングエリアが変更された10番でティーショットを放つ松山英樹(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 松山英樹(27=LEXUS)が67で回り、3つ伸ばして通算8アンダーでホールアウトした。

 第2ラウンドは無観客試合となったが「観客がいないのは違和感があるけど、ケガをしたら大変なので仕方がないのかなと思う。明日(観戦に)きてくれる人に、いい位置からスタートできるので頑張りたい。内容はそんなに悪くない」と話した。

 この日は10番の左サイドの池の水がフェアウェーにまであふれたため、特別措置でティーグラウンドを大幅に前に設置。本来は376ヤードのパー4を140ヤードに短縮しパー4で実施された。

 松山は第1打をピン左4メートルに1オン。スライスラインをしっかり沈めイーグルを奪いこの時点で通算7アンダーとする。

 「10番はパー3と思ってやればいいので、いいスタートを切れた」。14番でバーディーを決め前半を通算8アンダーで折り返す。後半は4番でボギーを叩いたものの、8番をバーディーとし手堅くスコアをまとめた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年10月26日のニュース