美誠 五輪代表選考レース独走誓う 今月は練習期間、10月から大会出場

[ 2019年9月4日 14:48 ]

受賞者と記念撮影する伊藤
Photo By スポニチ

 国際大会などで好成績を残した選手を対象にした上月スポーツ賞の表彰式が4日、都内で行われ、9月の世界ランクで初めて日本勢トップの7位となった卓球女子シングルスの伊藤美誠(18=スターツ)は「五輪代表決定のときに日本人トップにいないと意味がない。このまま突っ走りたい」と五輪代表選考レースの独走を誓った。

 代表争いのライバル石川佳純(26=全農)や平野美宇(19=日本生命)がアジア選手権(15日開幕、ジャカルタ)に出場する中、9月は1試合も国際大会に出場せずに練習期間に充てる。実は昨年もこの時期は練習期間に充てていて、練習期間開けのスウェーデンオープンではツアー優勝するなど練習期間は伊藤にとって大きなプラスになる。

 次戦は昨年同様、10月1日開幕のスウェーデンオープンの予定。「何でもできる選手になれるように励みたい」と飛躍の1カ月にするつもりだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月4日のニュース