八村の「DC観戦」は年末年始と2月初旬がおすすめ ジェームズとの初対決は11月29日!

[ 2019年8月13日 08:18 ]

10月23日にNBAデビューを果たすウィザーズの八村(AP)
Photo By スポニチ

 八村塁(21)が所属するNBAウィザーズは10月23日にダラスでマーベリクスとの開幕戦に臨むが、レギュラーシーズン全82試合の中で、地元ワシントンDCでの6連戦が2回組まれている。

 最初のホーム6連戦は12月28日から1月6日までの年末年始で、この間、ニックス→ヒート(12月30日)→マジック(1月1日)→トレイルブレイザーズ(1月3日)→ナゲッツ(1月4日)→セルティクスと対戦する。休暇を利用して、ウィザーズの本拠地「キャピタル・ワン・アリーナ」で八村の試合を観戦したいと思っている方はここがベストかもしれない。

 2度目は1月30日から2月11日まで。対戦するのはホーネッツ→ネッツ(2月1日)→ウォリアーズ(2月3日)→マーベリクス(2月7日)→グリズリーズ(9日)→ブルズ(2月11日)となっている。

 3月21日から4月3日の14日間にもホームで6試合が組まれているが、3月27日だけが昨季のシーズンMVP、ヤニス・アデトクンボ(24)を擁するバックスとのロードゲーム(ミルウォーキー)。その前後はバックス→セルティクス(3月23日)→サンズ(3月25日)→レイカーズ(3月28日)→ペリカンズ(4月1日)→76ers(4月3日)といったカードになった。

 渡辺雄太(24)が所属するグリズリーズとは12月14日(メンフィス)と2月9日(ワシントンDC)に対戦。レブロン・ジェームズ(34)とアンソニー・デービス(26)を擁するレイカーズとは3月28日以外に11月29日(ロサンゼルス)にも顔を合わせる。

 昨季のファイナル王者、ラプターズとは12月20日と1月17日に敵地トロント、4月8日にワシントンDCで計3回激突。そのファイナルでMVPとなったあとFAとなって移籍したカワイ・レナード(28)の所属するクリッパーズとは12月8日(ワシントンDC)の1試合だけで、同じポジションの八村とのマッチアップは日本のファンにとってはたまらない“ハイライト”になりそうだ。

 <ウィザーズのホームゲーム=計41試合>

 ▼10月(1試合)=ロケッツ(30日)

 ▼11月(6試合)=ティンバーウルブス(2日)、ピストンズ(4日)、キャバリアーズ(8日)、スパーズ(20日)、ホーネッツ(22日)、キングス(24日)

 ▼12月(6試合)=マジック(3日)、76ers(5日)、クリッパーズ(8日)、ブルズ(18日)、ニックス(28日)、ヒート(30日)

 ▼1月(8試合)=マジック(1日)、トレイルブレイザーズ(3日)、ナゲッツ(4日)、セルティクス(6日)、ホークス(10日)、ジャズ(12日)、ピストンズ(20日)、ホーネッツ(30日)

 ▼2月(8試合)=ネッツ(1日)、ウォリアーズ(3日)、マーベリクス(7日)、グリズリーズ(9日)、ブルズ(11日)、キャバリアーズ(21日)、バックス(24日)、ネッツ(26日)

 ▼3月(8試合)=ホークス(6日)、ヒート(8日)、ニックス(10日)、サンダー(15日)、バックス(21日)、セルティクス(23日)、サンズ(25日)、レイカーズ(28日)

 ▼4月(4試合)=ペリカンズ(1日)、76ers(3日)、ラプターズ(7日)、ペイサーズ(15日=今季最終戦)

 *日付は米国時間

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年8月13日のニュース