ファジーカス躍動、八村助けた チーム2位21得点で貢献

[ 2019年8月13日 05:30 ]

バスケットボール男子日本代表強化試合   日本99-89ニュージーランド ( 2019年8月12日    千葉ポートアリーナ )

<日本・ニュージーランド>ドリブルするファジーカス(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 八村に並ぶ得点源のファジーカスがチーム2位の21得点をマークした。「塁(八村)を邪魔しないようにした」という前半は4得点も、3つ目のファウルを犯した八村が早々にベンチへ下がった第3Qにジャンプシュートを決めるなど13得点。「自分がスコアしなくては、というのはあった。全部を塁に押しつけるのはフェアじゃないと思っている」と説明した。八村については「W杯でもあんなプレーができれば勝てるチャンスがある」としながらも、「彼が無理し過ぎていると思ったら助けられるようにしたい」とベテランらしく話した。

 《比江島4アシスト》シューティングガードの比江島は5ファウルにより第4Q途中で退場。14分44秒の出場にとどまったが、4アシストを記録するなど随所に持ち味は出した。「限られた時間の中でアシストができたのは良かったが、ディフェンスに関してはもっと体を張らないといけない」とファウルトラブルを反省。「オフェンスはニック(ファジーカス)と塁(八村)がいるので、自分はディフェンスに力を入れられる部分はある」と振り返った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月13日のニュース