東京パラリンピック チケット1次抽選販売22日未明から申し込み受け付け

[ 2019年8月13日 14:00 ]

東京2020パラリンピックマスコットのソメイティ
Photo By スポニチ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、来年8月25日に開幕するパラリンピックの1次抽選販売の申し込み受け付けを22日未明から、公式チケット販売サイトで開始すると発表した。締め切りは9月9日午前11時59分で、抽選結果は10月2日に発表。購入手続きは10月15日午後11時59分までに行う。

 パラリンピックの公式チケット販売サイトは五輪の販売サイトとは別に、申し込み開始日の22日にオープン。五輪チケットと同じく、最初にID登録を行う(五輪チケット申し込み時のIDは引き続き使用可)。販売されるのは一般チケット、車いすユーザーチケット、12歳以下の子どもや60歳以上のシニア世代、障害者を含むグループ向け「東京2020みんなで応援チケット」の3種類。申し込み上限は開閉会式が2枚、メダルが決まるセッション(枠)が4枚、予選などのセッションが6枚で、1回の申し込みにおける上限は30枚となる。五輪チケットと同じく第2希望や、落選したセッションの1つ下の席種が抽選対象となる「カスケードサービス」も設定できる。

 一般チケットの価格はA~E席まで最大5種類で、開閉会式が8000円~15万円、競技が900円~7000円と五輪よりもお手頃。五輪チケットでは一律2020円だった「東京2020みんなで応援チケット」は、予選セッションを中心に500円、1000円、1500円、2020円とさらに安い4種類となった。支払い方法はVISA決済と、コンビニエンスストアでの現金決済(支払い手数料1件432円)の2パターン。チケットは「紙チケット」(発行手数料1枚324円、配送料1件864円)「モバイルチケット」「ホームプリントチケット」の3種類となる。

 ◇一般チケットの価格レンジ
 開会式=8000円~15万円
 閉会式=8000円~9万円
 アーチェリー=1800円~2400円
 陸上競技(トラック&フィールド)=2000円~6500円
 マラソン=2000円~3200円
 バドミントン=1600円~3200円
 ボッチャ=1200円~3200円
 カヌー=900円~2000円
 自転車(トラック)=2000円~3200円
 自転車(ロード)=1400円~2000円
 馬術=1400円~2000円
 5人制サッカー=1800円~5000円
 ゴールボール=900円~2800円
 柔道=2000円~5000円
 パワーリフティング=1400円~2000円
 ボート=900円~2400円
 射撃=1800円~2400円
 シッティングバレーボール=1400円~3600円
 水泳=2000円~7000円
 卓球=1400円~2800円
 テコンドー=900円~2000円
 トライアスロン=1400円~3000円
 車いすバスケットボール=2400円~7000円
 車いすフェンシング=900円~2400円
 車いすラグビー=2400円~4000円
 車いすテニス=1800円~6500円

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月13日のニュース