東京五輪総合馬術テスト大会 「人も馬も危ない暑さ」に選手たちから不満の声

[ 2019年8月13日 17:33 ]

<総合馬術・クロスカントリー競技>障がいを飛び越える戸本一真(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 20年東京五輪のテスト大会を兼ねた総合馬術のプレ大会が13日、東京都江東区の海の森クロスカントリーコースで行われた。気温は30度を超え、競技開始直前まで降っていた雨も影響し、人馬ともに高温多湿での厳しい環境下での競技となった。

 会場は小高い山のようになっており直射日光を遮るものはない。また、東京湾に面しているため湿気を含んだ潮風が流れ込む。今大会は午前10時から競技が始まったが、選手たちからは開始時間の前倒しを要望する声が上がった。

 五輪本番の総合馬術クロスカントリーは午前8時30分~同11時55分と予定されている。当日は65組の人馬が出場し、3時間を超える見込み。12年ロンドン五輪出場の佐藤賢希(35=明松寺馬事公苑)は「最初と最後の人馬で暑さが違い(成績に)差が出る。できたらマラソンと同じく、6時くらいでもいいと思う」と主張した。

 18年世界選手権の総合馬術団体4位メンバーの戸本一真(36=JRA)は「8時30分開始では遅いと思う。馬も人も危ない暑さ」とするも、早朝スタートでは観客が集まりにくく自国開催の利点がなくなることも明かした。戸本はこの日、約3000メートルのコースを5分23秒でゴール。しかし「最初の1分で反応が悪くなった。本来5分30秒くらいでは疲れない馬だから、暑さがかなり応えている」。五輪本番は今大会のコースにさらに距離を加えた約5600~5800メートルのコースで争われる。「本番はあと3分は走らないといけないから相当しんどい」とし、今後意見を取りまとめて組織委に働きかける予定だ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月13日のニュース