東京五輪チケット「セカンドチャンス」は数十万枚

[ 2019年7月6日 05:30 ]

建設中の新国立競技場。2020年東京五輪の開会式などが行われる
Photo By 共同

 20年東京五輪のチケットの1次抽選販売で、大会組織委員会は5日、当選者が購入手続きを完了した総数は約322万枚だったと発表した。1枚も当たらなかった人向けの追加抽選「セカンドチャンス」の対象枚数は数十万枚になることも明らかにした。

 組織委は招致段階の計画で全体の販売枚数は約780万枚としているが、関係者によると最終的に900万枚を超える見通し。セカンドチャンスの対象競技は明らかにしていないが、1次抽選で人気だった水泳や陸上の決勝、体操などは含まれないとみられる。メダルが絡む試合や開閉会式も対象外となる見通し。当選しながら購入しなかったのは1割未満だったという。組織委は秋に2次抽選販売を予定している。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月6日のニュース