三浦桃香 7月以降の出場権懸けた“決戦”へ自然体「意識しても無駄なので…」

[ 2019年6月26日 15:39 ]

練習ラウンドを終えた三浦桃香
Photo By スポニチ

 女子ゴルフのアース・モンダミン・カップは27日、千葉県のカメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で開幕する。今大会終了後にはシードを持たない選手を対象に、7月以降の出場資格が決まる第1回リランキングが実施される。同ランキングで66位(獲得賞金93万5000円)と厳しい状況に置かれている美人プロの三浦桃香(20=フリー)は「何も考えず。もう意識しても無駄なので特に意識はしていないです」とあくまでも自然体で臨む構えだ。

 開幕を前日に控えた26日には18ホールを練習ラウンド。「ドライバーをしっかり振れるようにと先週から考えていて、良い感じです」と話した。7月以降の試合に出場できる目安は同ランク40位以内とされており、昨年は320万円だった。三浦は現時点で200万円強足りない状態だが、今大会は賞金総額2億円(優勝賞金3600万円)とツアー最高額のビッグトーナメント。上位に入れば一気に順位を上げることが可能だ。“決戦”へ向けてのキーポイントには「ドライバーを振ること」を挙げていた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月26日のニュース