八村がウィザーズで始動 チーム初練習に参加

[ 2019年6月26日 16:47 ]

ウィザーズでの初練習に臨んだ八村(AP)
Photo By AP

 NBAのドラフトで日本人初の1巡目指名(全体9番目)をウィザーズから受けた八村塁(21=ゴンザガ大出身)が25日、ワシントンDCのウィザーズのチーム施設で始まったミニキャンプに参加。昨年のドラフトで全体15番目に指名されていたフォワードのトロイ・ブラウンJR(19)らとともに、チームの一員として初めての練習をこなした。

 速攻のドリルではディフェンダーと接触しながらゴール下でシュートを決めるなどフィジカルの強さをアピール。「今まで一人で練習してきたので、たくさんの人の前でプレーするのは楽しかった」と2時間45分におよんだ練習を振り返った。

 なおミニキャンプは27日まで行われ、7月6日からはラスベガス(ネバダ州)で行われるNBAサマーリーグに参加。初戦ではドラフトでトップ指名を受けたザイオン・ウィリアムソン(18=デューク大出身)のいるペリカンズと対戦し、8日にネッツ、9日にクリッパーズ、11日にホークスと顔を合わせる。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月26日のニュース