ホッケー男子代表「サムライジャパン」 52年ぶりの五輪舞台で快進撃に期待

[ 2019年5月29日 09:02 ]

2020 THE TOPICS 話題の側面

18年9月1日 アジア大会で初優勝し、喜ぶホッケー男子日本の選手たち
Photo By 共同

 世界ランキング18位のホッケー男子代表の「サムライジャパン」も外国人指導者の手によって力を付けている。

 かつて代表の指揮を執ったことがあるシギ・アイクマン氏(60=オランダ)が17年に復帰。パスのスピードアップなど基本から見直したチームは、昨年のアジア大会で初優勝した。積極的に海外遠征をし、強化を図っている。

 男子は32年ロサンゼルスで銀メダル(出場3チーム)を獲得したものの、68年を最後に五輪から遠ざかった。開催国枠でつかんだ52年ぶりの舞台で、快進撃なるか。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月29日のニュース