50キロ競歩男子 鈴木初メダル&五輪切符つかむ

[ 2019年5月29日 05:30 ]

世界陸上代表発表

世界選手権の代表に選ばれ、ポーズをとるマラソンの川内(右)と50キロ競歩の鈴木
Photo By 共同

 50キロ競歩の代表も発表され、男子は4月の日本選手権で日本記録を更新した鈴木雄介(31=富士通)が2大会ぶりに代表入りした。

 ケガを乗り越えての5回目の出場に「これまでの世界選手権とは違った大会になる」と語った。日本人最上位でメダルを獲得すれば五輪代表も内定するだけに「世界大会でメダルを獲ったことがないので、欲しいという思いが強い」と意欲。さらに世界記録を持つ20キロについて「両方(五輪出場権を)得たとしてもどちらかで出るつもり」とし、現段階で「金メダルに近い50キロに思いが寄っています」と明かした。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月29日のニュース