高島2アンダーで好位置、一昨年は最下位「上出来です」

[ 2019年5月26日 05:30 ]

第7回マイナビシニア&レディースカップ第1日 ( 2019年5月25日    千葉県 藤ケ谷CC=男子6884ヤード、女子レギュラー6380ヤード、女子レジェンズ5829ヤード、いずれもパー72 )

マイナビシニア&レディースカップ第1日 2アンダーと好発進に笑顔の高島(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 プロ9年目の高島が2アンダーで好位置につけた。周囲の祝福に「上出来です。一昨年は最下位でしたから」と目を細めた。1オーバーで迎えた後半の11番で残り105ヤードから約2・5メートルにつけてバーディー。リズムをつかみ12、13番と3連続バーディーで巻き返した。18番はベアグラウンドからの第2打を約2メートルに寄せてバーディー締め。「一緒に回った山添プロがいいリズムだった。楽しめました」と満足顔だ。

 昨夏のドラコンで375ヤードをかっ飛ばすなど抜群の飛距離を誇る。この日はショットも安定し好スコアにつなげた。「後半アプローチ、パターが良くなったし、最後がいい形で終われた」。手応え十分に、女子最上位の選手に与えられる「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」出場権獲得を見据えた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月26日のニュース