坂本花織が1日交通安全大使 多忙な日々に「1人旅はできてません」

[ 2019年5月10日 15:16 ]

兵庫県警察の一日交通安全大使を務めたフィギュアスケートの坂本花織
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの昨季の全日本選手権女王、坂本花織(19=シスメックス)が10日、神戸市内で行われた兵庫県警察の「2019年春の全国交通安全運動セレモニー」に参加し、1日交通安全大使を務めた。自身がモデルを務める交通安全ポスターを手にして、交通マナーの遵守などを訴えた。JR新長田駅付近で啓蒙パレードも行った。

 自動車免許取得に向けて現在、教習場に通っている。「6月には仮免許を取れると思う」と語り、「車に乗った時には運転に気をつけながら楽しみたい」と安全運転を誓った。

 4月末にショートプログラム(SP)の振り付けを完了。シェイリーン・ボーンさんが来日し、日本でレッスンを受けた。12日にイタリアへ渡り、2週間の予定で、ブノワ・リショー氏からフリーの振り付けレッスンを受ける。

 今春から神戸学院大に通い、授業にも出席している。4月の世界国別選手権の後は「1人旅をしたい」と語っていたが、「SPの振り付けや合宿があって、そんな余裕はなかった」と、苦笑い。新シーズンへ向けて充実した日々を過ごしている。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月10日のニュース