9月開幕のラグビーW杯 認知度過去最高71パーセント超「現状に満足せず着実に準備を」

[ 2019年5月10日 05:30 ]

 9月20日に開幕するラグビーW杯日本大会の組織委員会は9日、今年4月に第三者調査機関を通じて行った大会認知度調査の結果を公表し、全国平均で過去最高となる71・6%を記録したと発表した。

 昨年9月の前回調査からは3・3%上昇。開催地12都道府県の平均は74・2%に達した。今月18日には日本代表戦を含む全48試合を対象とした第3次チケット販売の開始を控えており、嶋津昭事務総長は「現状に満足することなく、本番に向け着実に準備を進める」とコメントした。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月10日のニュース