小池 ドーハの日差しに「目痛い」21日開幕アジア陸上

[ 2019年4月20日 05:30 ]

陸上アジア選手権で200メートル初制覇を誓う小池
Photo By スポニチ

 陸上のアジア選手権(21日開幕、ドーハ)に出場するジャカルタ・アジア大会200メートル金メダリストの小池祐貴(23=住友電工)が19日、ドーハ市内のホテルで、現地の日差しについて「目が痛くなるくらい強い。朝の予選でもサングラスの着用は必須」と語った。ただ、決勝は夜間。高温多湿の中で長めのウオームアップをしたことで疲労したアジア大会の反省も踏まえ「今回はアップも省エネです」と暑熱対策を勝負の鍵とした。 

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月20日のニュース