寺内、世界選手権目指し「コンディションは抜群」 6度目五輪への第一歩

[ 2019年4月19日 05:30 ]

飛び込み 日本室内選手権 19日開幕

飛び込みの寺内健
Photo By スポニチ

 飛び込みの世界選手権(7月、韓国・光州)の代表選考会となる日本室内選手権は19日、東京辰巳国際水泳場で開幕する。5度の五輪出場を誇る寺内健(38=ミキハウス)は3メートル板飛び込み、坂井丞(26=ミキハウス)とペアを組むシンクロ板飛び込みにエントリー。東京五輪出場への一歩となる大会に向け「コンディションは抜群」と強調した。

 世界選手権で個人は12位、シンクロは8位以内で東京五輪出場が内定。日本人の夏季五輪最多出場者は東京五輪で7度目の出場を目指す馬術の杉谷泰造(42=杉谷乗馬ク)で寺内が2大会連続6度目の五輪出場を決めれば最多タイとなる可能性がある。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月19日のニュース