坂本 初出場4位、全日本へ気引き締め「神様のお告げ」

[ 2018年12月11日 05:30 ]

フィギュアスケート グランプリファイナルから一夜

グランプリファイナル最終日 エキシビションを笑顔で演技をする坂本(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 ファイナル初挑戦を終えた坂本は、4位の結果をプラスに考えた。3位のトゥクタミシェワ(ロシア)とは合計3・64点の僅差。「今ここで表彰台に上がったら、フワフワした状態で全日本に臨むことになっちゃう。そうしないための神様からのお告げなのかな」と語った。

 全日本選手権は昨年の2位が最高。「パーフェクトな演技を2本そろえて、世界選手権に出られるような演技をできたら」と前を向いた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月11日のニュース