稀勢ミラクルV千秋楽視聴率は過去10年で3番目24・4%

[ 2017年3月28日 05:30 ]

稀勢の里は優勝を決め国歌斉唱で涙を浮かべる
Photo By スポニチ

 26日のNHK総合「大相撲春場所千秋楽」(午後5時〜同6時10分)の平均視聴率は24.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。過去10年で3番目に高い数字となった。また、瞬間最高視聴率は33.3%を記録した。稀勢の里が大関・照ノ富士との優勝決定戦を制し、館内が沸く中で、花道を引き揚げる場面だった。

 数字を「持っている」稀勢の里が巡業に出場すれば、各地で盛り上がりそうだ。春巡業は4月2日から始まるが、初日の伊勢神宮奉納大相撲の入場券は既に完売している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年3月28日のニュース