キャバリアーズ完敗 セルティクスに東地区全体首位の座を明け渡す

[ 2017年3月28日 16:29 ]

スパーズ・リーの左肘が背中を直撃し動けなくなったキャバリアーズのジェームズ(AP)
Photo By AP

 NBAは27日に各地で6試合を行い、キャバリアーズは敵地サンアントニオでスパーズに74―103(前半40―64)で完敗。47勝26敗となったために、セルティクス(48勝26敗)に東地区全体首位の座を明け渡した。

 レブロン・ジェームズ(32歳)は17得点、8リバウンド、8アシストをマークしたものの、第3Qの終了間際、リバウンドを争っている際にスパーズのデビッド・リー(33歳)の左ひじが首の付け根を直撃。5分間ほどうずくまって動けなくなり、その後のプレーを断念した。

 西地区全体2位のスパーズは5連勝で57勝16敗。29日に対戦する1位ウォリアーズとのゲーム差は2となった。

 西地区全体6位のサンダーは敵地ダラスでマーベリクスに92―91(前半35―50)で競り勝って42勝31敗。第4Q残り3分31秒で13点を追っていたがここから連続14点を奪って試合をひっくり返した。 ラッセル・ウエストブルック(28歳)は残り7秒での逆転シュートを含めて39得点。チームの最後の14点中12点を1人でたたき出し、13リバウンドと10アシストも加えて3試合連続、今季37回目のトリプルダブルを達成した。

 マーベリクスは連敗で31勝42敗。17季ぶりの負け越しシーズンが確定した。

 東地区全体4位のラプターズは36得点を挙げたデマー・デローザン(27歳)の活躍でマジックを131―112(前半73―57)で退けて6連勝。西地区全体4位のジャズは地元ソルトレイクシティーでペリカンズに108―100(前半56―51)で勝って5季ぶりのプレーオフ進出が決まった。

 <その他の結果>

ニックス109―95ピストンズ、キングス91―90グリズリーズ

 <東地区全体順位>

(1)*セルティクス(48勝26敗)(2)*キャバリアーズ(47勝26敗)(3)*ウィザーズ(45勝28敗)(4)*ラプターズ(45勝29敗)(5)ホークス(37勝36敗)(6)バックス(37勝36敗)(7)ペイサーズ(37勝36敗)(8)ヒート(35勝38敗)(9)ブルズ(35勝39敗)(10)ピストンズ(34勝40敗)(11)ホーネッツ(33勝40敗)(12)ニックス(28勝46敗)(13)76ers(27勝46敗)(14)マジック(27勝47敗)(15)ネッツ(16勝57敗)

 <西地区全体順位>

(1)*ウォリアーズ(59勝14敗)(2)*スパーズ(57勝16敗)(3)*ロケッツ(51勝22敗)(4)*ジャズ(45勝29敗)(5)*クリッパーズ(44勝31敗)(6)サンダー(42勝31敗)(7)グリズリーズ(40勝34敗)(8)トレイルブレイザーズ(35勝38敗)(9) ナゲッツ(35勝38敗)(10)マーベリクス(31勝42敗)(11)ペリカンズ(31勝43敗)(12)キングス(29勝45敗)(13)ティンバーウルブス(28勝44敗)(14)サンズ(22勝52敗)(15)レイカーズ(21勝52敗)

 *はプレーオフ進出が確定。ポストシーズンに参加できるのは両地区上位8チーム。

<29日のテレビ放送>

ロケッツ―ウォリアーズWOWOWライブ 9時〜

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年3月28日のニュース