×

10歳の木原美悠が本戦出場決定!美宇超え最年少勝利目指す

[ 2015年6月25日 05:30 ]

相手の棄権で勝ち上がった木原美悠

 卓球の荻村杯ジャパン・オープンが24日、神戸総合運動公園体育館で開幕し、予選トーナメントの21歳以下女子シングルスに出場した兵庫・二見西小5年の木原美悠(ALL STAR)は相手のドイツ選手が棄権したため、不戦勝で本戦への出場が決まった。25日に10歳299日での大会最年少勝利記録に挑む。

 想定外の不戦勝に木原は「試合がしたかったです」と苦笑いだった。兵庫県明石市在住。地元での大会に「1回ぐらい勝ちたい」と意気込む。

 本戦の1回戦は世界ランク61位のチョウ・イーハン(シンガポール)と対戦。勝てば、11年の21歳以下女子シングルス予選リーグで勝利した平野美宇の11歳55日を超える大会最年少記録となる。

 21歳以下男子シングルスに出場した宮城・東宮城野小6年の張本智和(仙台ジュニア)は台湾選手に1―3で敗れた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年6月25日のニュース