緒方が風邪薬服用、田知本にも勧める…大会開幕日に強制送還

[ 2015年3月6日 05:30 ]

 【ドーピング問題経緯】

 ▼2月11日 緒方が体調不良で市販の風邪薬を服用し始める。

 ▼16日 ドイツ・デュッセルドルフでのグランプリ大会に向け日本を出発し、同日着。同室の田知本が体調不良を訴えたため、緒方がプラスチックケースに入れて持ち込んだ風邪薬を勧める。

 ▼17、18日 緒方が服用していることで薬を信頼した田知本も服用。18日朝になって未確認の薬であることを田知本が認識。インターネットで調べ、首脳陣に相談。

 ▼19日 トレーナーらとの協議で、ドーピング検査に違反する可能性があるとして欠場を決定。

 ▼20日 大会開幕日に2人は強制送還され、21日に帰国。

 ▼28日 都内で女子コーチ陣が会議。結論は5日の強化委員会に先送りすることを決定。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年3月6日のニュース