×

マカウ優勝、藤原が4位 福岡国際マラソン

[ 2014年12月7日 14:36 ]

 来年8月の陸上世界選手権(北京)代表選考会を兼ねた福岡国際マラソンは7日、福岡市の平和台陸上競技場発着で行われ、元世界記録保持者のパトリック・マカウ(ケニア)が2時間8分22秒で優勝した。

 日本勢トップは、2時間9分6秒で4位の藤原正和(ホンダ)だった。(記録は速報タイム)

 ◇世界選手権男子マラソン代表選考 代表枠は最大3。福岡国際と来年2月の東京、同3月のびわ湖毎日で日本人の上位3人と、同2月の別大毎日で日本人最上位が候補となる。選考はナショナルチームのメンバーが優先され、世界選手権で8位以内に入った日本人最上位が、16年リオデジャネイロ五輪代表に決まる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2014年12月7日のニュース