永瀬頼もしV2「81キロ級で世界で勝てるのは僕だけ」

[ 2014年12月7日 05:30 ]

男子81キロ級準決勝 グルジアのアフタンディリ・チリキシビリ(右)に一本勝ちした永瀬貴規

柔道グランドスラム東京大会第2日

(12月6日 東京体育館)
 男子81キロ級でロンドン五輪王者の金宰範(韓国)、今年の世界選手権王者チリキシビリ(グルジア)と実力者を次々と撃破し、永瀬が連覇を達成。「少し自信になった」と笑顔を浮かべた。

 特に世界選手権で敗れたチリキシビリには「半身の体勢にさせない」という課題もクリアしての一本勝ち。「81キロ級で世界で勝てるのは僕だけだという自覚がある」と頼もしかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年12月7日のニュース