野口 疲労骨折で大阪国際女子マラソン欠場

[ 2014年1月16日 16:12 ]

 大阪国際女子マラソン(26日・長居陸上競技場発着)の組織委員会は16日、2004年アテネ五輪金メダルで昨年の世界選手権代表の野口みずき(35)=シスメックス=が右大腿骨骨幹部疲労骨折のため、欠場すると発表した。

 所属先の広瀬永和監督によると、野口は昨年12月に行われた全日本実業団対抗女子駅伝の時から右太もも裏に違和感があったという。その後はマラソン出場に向けて軽めの練習を続けていたが、今月9日に疲労骨折が判明した。

 3年連続で大会直前の欠場となった野口は主催者を通じ「出場したいという強い意志はあるが、今無理をするよりも脚の状態を回復させて、次の目標に向かって進むことが大事。けがを治し、春先のレースを目標に練習に取り組みたい」とコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年1月16日のニュース