男子単で片山V「自信になった」、右近監督「これから楽しみ」

[ 2013年10月15日 06:00 ]

東アジア大会第9日

(10月14日 中国・天津)
 テニス男子シングルス決勝は、力強いショットで押し、台湾選手を6―4、1―6、6―0で退けた片山が「ランキングが自分より上の選手もいた。自信になった」と喜びいっぱいだった。福岡・柳川高―早大出の24歳。今後の飛躍の鍵に、サーブ力の向上を挙げた。右近監督は「こういうプレーをコンスタントに続けていけば、上に行けると思う。これからが楽しみ」と期待を寄せた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年10月15日のニュース