日体大 箱根Vメンバー残るも3位、別府監督「現状難しい」

[ 2013年10月15日 06:00 ]

3位でゴールする日体大アンカーの矢野

出雲全日本大学選抜駅伝

(10月14日 島根・出雲大社正面鳥居前~出雲ドーム前 6区間44・5キロ)
 日体大は今年の箱根駅伝総合優勝メンバー7人が残ったが、3位に終わった。

 エース服部(4年)が1区で2位も、2区以降は駒大との差を広げられる一方の展開。アンカー矢野(同)も区間5位と精彩を欠いた。ケガ人やケガ明けの選手がいるなど万全ではなく、別府監督は「現状でトップを取るのは難しい。初出場の選手は確実に走ってくれたが、1ランク上のレースができれば」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年10月15日のニュース