新体操のイオン・カップに世界選手権女王らが出場へ

[ 2013年10月15日 18:04 ]

 新体操のイオン・カップ世界クラブ選手権(25~27日・東京体育館)の出場予定選手が15日に発表され、今夏の世界選手権の個人総合を制したヤナ・クドゥリャフツェワ(ロシア)らがエントリーした。

 世界選手権代表で、2016年リオデジャネイロ五輪を見据えて3月からロシアに長期留学中の皆川夏穂と早川さくら(ともにイオン)が東京都内で記者会見し、皆川は「練習の成果を出し切り、納得できる演技をしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年10月15日のニュース