橋本聖子理事 JOC初の女性強化責任者に

[ 2013年6月28日 06:00 ]

 JOCの選手強化本部長に、夏冬計7度の五輪に出場した日本スケート連盟会長の橋本聖子理事(48)が就任する見通しであることが複数の関係者の話で分かった。

 28日の理事会で決まれば、JOC初の女性強化責任者となる。選手強化本部長は全日本柔道連盟の上村春樹会長が暴力指導問題の責任を取って1月に辞任、残りの任期を当時の福田富昭副会長が引き継いだ。専務理事には日本水連副会長の青木剛氏(66)が副会長兼任で就く。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2013年6月28日のニュース