稀勢、2日連続の出稽古…41番に充実の表情「気持ち乗ってくる」

[ 2013年6月28日 14:30 ]

 大関稀勢の里は28日、前日に続き愛知県扶桑町の境川部屋に出稽古に訪れ、関脇妙義龍、豊響と41番の稽古をこなした。妙義龍に19勝4敗、豊響には17勝1敗と圧倒し「いい稽古相手がいるし気持ちも乗ってくる」と充実の表情で汗をぬぐった。

 力強い押しに投げと、さまざまな技を試し「勝ちにも負けにも原因がある。そういうことをしなければ負けない、というのをやりたい」と一番一番の意味を強調した。関脇豪栄道は、この日は休養日のため稽古には姿を見せなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2013年6月28日のニュース