NBAドラフト ネバダ大ラスベガスのベネットが全体1位

[ 2013年6月28日 10:54 ]

キャバリアーズから全体1位で指名されたアンソニー・ベネット(右)

 米プロバスケットボール、NBAのドラフト会議が27日、ニューヨークで開かれ、キャバリアーズが全体1位でネバダ大ラスベガスのフォワード、アンソニー・ベネットを指名した。AP通信によると、カナダ出身選手の全体1位指名は史上初めて。203センチ、109キロのベネットは1試合平均16・1点と得点能力が高い。

 全体2位はマジックがインディアナ大のガード、ビクター・オラディポを選択し、ワシントンを本拠とするウィザーズは3位で地元ジョージタウン大のフォワード、オットー・ポーターを選んだ。全体1位が有力視されていたケンタッキー大のセンター、ナーレンス・ノエルは6位でペリカンズ(旧ホーネッツ)に指名された。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2013年6月28日のニュース