S・ウィリアムズ 次戦の伊達を警戒「信じられない」

[ 2013年6月28日 06:00 ]

ウィンブルドン選手権第4日 女子シングルス2回戦

(6月27日 英ロンドン・オールイングランド・クラブ)
 上位シード選手が相次いで敗れる波乱の大会でS・ウィリアムズが安定感を見せた。

 19歳の新鋭ガルシア(フランス)を難なく退けた。3回戦で当たる伊達については「彼女のプレーを見ていた頃はまだ私は若かった。今もあれだけできるなんて信じられない。凄く刺激になる」と称賛。「私はプレーしたことがないけど、(姉の)ビーナスが対戦したことがあるから話をするわ」と警戒した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2013年6月28日のニュース