波乱続出…フェデラー、シャラポワ消え棄権者も7人

[ 2013年6月28日 06:00 ]

男子シングルス2回戦で、格下のスタホフスキーに敗れたフェデラー

ウィンブルドン選手権第3日

(6月26日 英ロンドン・オールイングランド・クラブ)
 4大大会では1日最多7人の棄権者が出るなど上位シードが次々と姿を消した大会3日目は、前年覇者のフェデラーも世界116位のスタホフスキーに足をすくわれた。

 「負けるのはいつも悔しいが、この大会では特にがっかりだ」。最多8度目の優勝を逃し、04年ウィンブルドン以降、4大大会の連続準々決勝進出も36大会で途絶えた。女子シングルスでもシャラポワが予選を勝ち上がってきた20歳のデブリトに敗れる波乱。「ベースラインのボールに対応し切れなかった」と2回戦敗退に肩を落とした。

 ◆28日のウィンブルドン選手権テレビ放送
 ▽WOWOWライブ 20・55~、24・00~
 ※放送時間変更の場合あり

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2013年6月28日のニュース